お見合いからの結婚のイメージって古臭いと思っていませんか

 

 

結婚相談所=お見合い結婚というイメージはまだ根強く残っています。
お相手とお見合いをし、良いと思ったら交際から成婚、ダメならまた次の人と
お見合い…というのを繰り返すという印象を持っている人が多いのでは
ないでしょうか。

 

昭和40年代ぐらいまでは世話好きなおばちゃんや親せきのおばちゃん
などが写真を持ってきてお見合いが主流でした。
それ以降は恋愛結婚が主流になっていきました。
当時は男性が外で働き、女性が家で家事をする家庭が多かったと思います。
それから月日も経ち、女性も社会へ進出し、男女平等が当たり前になって
きてる今日この頃キャリアを積む女性も増えてきました。
近年では晩婚化も進み、少子化も叫ばれてきています。
そんな中、恋愛結婚が主流になっている現代では、恋愛ができなさそう
という理由でお見合いという形態を敬遠する人が多くなっています。
お見合いのイメージがついている結婚相談所を、結婚するための
選択肢として考えにくくなってきているのかも知れません。
結婚はしたいけど、お見合いだと恥ずかしいし・・
でも恋愛する相手が周りにいない。まぁいいかと思っていませんか。

 

お見合いだと恋愛できないのでは・・・

そう思っていませんか。

 

結婚相談所で出会ったあとは普通の恋愛と一緒です。
出会いのきっかけを作るのが結婚相談所の大きな役割、そのあとは2人で
恋愛をし、結果的に成婚に向かわれるのです。

 

結婚相談所だからといって、作業的にお見合いをするだけではなく、
結婚を前提とした恋愛をすることのほうが多いんです。
だから恋愛結婚と変わらないのです。